資格

【AWS試験】ピアソンVUE受験体験記

ピアソンVUE受験体験記

どうも、まーすけです。

先日AWS試験をピアソンVUEで受けたので、受験体験記を残します。

今回の試験会場は、テストセンター秋葉原昭和通り口です。※2020年3月31日に受験

AWS SAA試験の勉強法については、【1週間で合格】AWS ソリューションアーキテクト アソシエイト勉強法でまとめています。

ピアソンVUE試験前日

試験会場最寄り駅までの電車ルートと時間を確認しておきます。

また、試験に持っていくものを準備します。

とは言え、CBT(コンピュータ・ベースド・テスティング)形式の試験なので、筆記用具も必要ありません。

最低限必要なものは、2種類の本人確認書類だけです。

僕の場合は以下の2つを準備しました。

  • 運転免許証
  • 社員証(顔写真あり)

ピアソンVUE試験当日( テストセンター秋葉原昭和通り口 )

本人確認書類を忘れたら受験できないので、家を出るときに再度確認します。

最寄り駅の秋葉原に試験開始の45分前に到着しました。

電車遅延が怖かったので早めに着くようにしました。

昭和口の改札から徒歩5分くらいでテストセンターに着きました。

コロナのこともあるので、あんまり早く会場に着いて、部屋で長時間待つのもよくないかなと思い、20分間くらい試験会場の外でウロウロしていました。

受付する

試験開始20分前に、受付に行きました。

この会場では、AWS以外にも複数の試験を実施しているようで、受付の人から「何の試験ですか?」と聞かれました。

「AWSです」と答えると、受付表みたいな紙を渡されて、氏名や日時を記入しました。

少しすると、受付の人に名前を呼ばれ、本人確認書類を2つ提示し、パソコンに付けたWebカメラみたいので顔写真を撮られました。

本人確認書類との照合と顔写真を撮るときは、マスクを外してくださいと言われました。

ロッカーに手荷物をしまう

本人確認書類1点(運転免許証)以外はすべての持ち物をロッカーにしまうように言われました。

当然、スマホや時計はダメですが、意外にもハンカチも持ち込み禁止と言われました。

トイレに行き、準備が完了したことを受付の人に申告します。

試験会場に入る

試験会場へ誘導する人から、オモテが試験の注意点、ウラがホワイトボードのようなメモが書けるボードと、マジックペン2本を受け取り、試験会場へ入ります。

試験会場では、すでに複数の人(20人くらい)がパソコンの前に座り試験を受けていました。

誘導の人に座る席を指定されます。

何か不具合があれば、パソコンの横にある呼び出しボタンを押すようです。

準備が出来たら、予約した試験開始時間を待たなくても開始できるとのことでした。

試験開始

パソコンに熱中する人

画面の表示のとおり、ボタンを押していくと、試験が始まります。

問題文がパソコンの画面の幅に合わせて表示されていたので、目を左右に大きく動かさなくてはいけなくて、かなり読みにくかったです。

試験時間ギリギリまで問題を解き、最後にアンケートに答えると、その場で合否が表示されます。

アンケートの途中で、試験結果が気になり、心臓がバクバクになっていました。

結果、合格だったので、心の中でガッツポーズをして静かに退席しました。

試験後

メモ用のホワイトボードとペン2本を返却し、受付で名前と時間を記入して終了です。

ロッカーから手荷物を出して、足早に帰宅しました。

番外編:試験結果について

合格して喜ぶ人

試験を受けた翌日に、試験結果が出たのでWebサイトで確認してください、という内容の英文メールが来ました。

Webサイト上で合否はもちろん、テストのスコアや認定証(PDF)も確認できます。

ちなみに、AWS試験は以下の参考書で対策して、1発合格しました。

まとめ | ピアソンVUEでの試験

試験開始時間は一応設定されているものの、自分の準備ができれば、開始時間を待たなくても試験を始められるのは良いですね。

この記事があなたの参考になれば幸いです。

それでは、また!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です