資格

【1週間で合格】AWS ソリューションアーキテクト アソシエイト勉強法

AWS SAA勉強法

どうも、まーすけです。

AWSのソリューションアーキテクト – アソシエイト(SAA)に1発で合格しました。(SAA-C02)※2020年3月31日に受験

試験のための勉強時間(参考書を読む、問題を解く)はトータル10時間ほどで、期間としては1週間ほどです。

本記事では、1週間でどんな勉強をして合格したかを解説します。

AWS ソリューションアーキテクト – アソシエイト(SAA)試験とは

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト試験は、可用性、コスト効率、耐障害性およびスケーラビリティに優れた分散システムを AWS で設計した実務経験が 1 年以上あるソリューションアーキテクト担当者を対象としています。

https://aws.amazon.com/jp/certification/certified-solutions-architect-associate/

SAA試験はAWSのアーキテクト(設計)としてのスキルが一定以上あることを証明できる試験です。

1年以上の実務経験をもつ人が対象(受験の条件ではない)となっているので、まったくAWSを使ったことがないと難しい試験だと思います。

2020年3月23日以降、新しいバージョンの試験になる(SAA-C02)

僕は3月31日に受験したので、新しいバージョン(SAA-C02)の試験でした。

なお、コロナの影響かはわかりませんが、前のバージョン(SAA-C01)の試験も2020年7月1日まで受験できるようです。

勉強開始時の僕のITスキルや知識について

ある程度の基礎的なITスキルや知識は持っている状態から勉強を開始しました。

資格で言うと、以下を持っていました。

  • 基本情報技術者
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • ネットワークスペシャリスト

AWSの実務経験について

仕事で4ヶ月ほど、AWSを使っていました。

使っていたサービスは以下です。

  • VPC
  • IAM
  • EC2
  • セキュリティグループ
  • ELB
  • CloudWatch
  • Route 53
  • SNS

それほど広範囲なサービスを触っていたわけでもないですし、上記についても手順書をもとに操作するくらいの深さです。

勉強方法

具体的な勉強方法に入ります。

使った参考書

この参考書(教科書)は、最初にAWSサービスの全体像を解説し、その後、各論について説明する構成になっています。

各論で、最初の全体像で解説していたサービスについて、改めて詳細を説明する構成になっており、何度も、あるサービスについての解説に触れることができ、頭に定着しやすいです。

各章の最後に演習問題が付いていますが、実際の試験と比べるとかなり簡単です。

理解の確認にはなるかもしれませんが、試験対策にはならないので注意が必要です。

押さえておくべきサービス

以下のAWSサービスはしっかり押さえておくと、試験対策として良いと思います。

  • EC2(インスタンスタイプや購入オプション)
  • グローバルサービス、リージョンサービス、アベイラビリティサービスの区分け
  • S3(ストレージクラスの種類)
  • CloudFlont(S3と組み合わせたユースケース)
  • Auto Scaling
  • ELB
  • RDSやDynamoDBの使い分け
  • EBS(ストレージタイプとユースケース)

使った模擬問題

先ほど紹介した参考書には、特典として模擬問題を1回分ダウンロードすることができます。

なので、この1冊で試験対策はバッチリなのでコスパが良い参考書だと思います。

この模擬問題の難易度は実際の試験に近いです(実際の試験の方がもう少し難しいが)。

模擬問題の後半には、回答と解説があります。

この問題を解いて、自信がない回答や間違った問題の解説を読んで、知識があいまいなところは参考書に戻って確認する、というサイクルを繰り返せば、合格に近づきます。

ちなみに僕は、試験の2日前に初めて模擬問題を解き、正答率は55%でした。

そんな状況でも、解説をしっかり理解すれば2日後には合格することができました。

番外編:ピアソンVUEでの受験

AWS試験を受けるには、PSIやピアソンVUEといった方法があります。

初めての受験なので、どちらで受ければよいのかわからなかったのですが、ピアソンVUEで受けてみました。

PSIとの比較はできないものの、ピアソンVUEで受けてみて、特に不満もなかったので、もし次回もAWS試験を受ける機会があれば、またピアソンVUEにする予定です。

ピアソンVUEでの受験体験記をまとめたので、よろしければご覧ください。

ピアソンVUE受験体験記
【AWS試験】ピアソンVUE受験体験記 どうも、まーすけです。 先日AWS試験をピアソンVUEで受けたので、受験体験記を残します。 今回の試験会場は、テス...

まとめ | SAA試験の勉強法

AWS試験を受けようと思った一番の動機は、合格すると会社から報奨金が出るからでした。

落ちても受験料も会社負担なので、これはリスクがないと思って受けた次第です。

報奨金が出たら、家族に少し還元し、残りは株の配当金を得るために投資しようと思います。

ネオモバで1株から高配当株へ投資
ネオモバで1株から高配当株への投資を始める【つもり貯金と相性抜群】 どうも、まーすけです。 SBIネオモバイル証券(以下、ネオモバ)で1株から高配当株への投資を始めました。 これまで...

お金が受験の動機でしたが、試験のために勉強したことで、AWSを体系的に学ぶことができましたし、今後のAWSの利用にも確実に役に立つので、受けてみて良かったです。

もともとの知識レベルや、AWSの実務経験によって、合格に必要な勉強時間は変わってくると思います。

こんなケースもあるよということで、あなたの参考になれば幸いです。

それでは、また!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です