節約

メルペイ残高を出金する方法を解説【銀行振込】

メルペイ残高を出金する方法を解説

この記事を読むとわかること

銀行振込でメルペイ残高を出金する手順

メルペイ残高の出金手順
  • Step1
    振込先口座の指定
  • Step2
    本人情報の登録
  • Step3
    振込申請金額の入力
  • Step4
    振込申請確認

どうも、まーすけです。

メルカリをやっていると、出品した商品が売れてメルペイ残高が増えていきますよね。

メルペイ残高は、メルカリ内はもちろん、iDと紐付いて各種コンビニ等でも使うことができます。

ただ、なんとなくメルカリ内やコンビニ等でメルペイを消費するのはもったいななと思うことはないですか?

僕の場合は、ネオモバイル証券を使った1株からの株式投資をやっていることもあり、メルペイ残高を投資資金に使いたいと思いました。

その場合、どうしても一度現金化する必要があります。

現金化するためには、メルペイ残高を銀行振込で出金します。

ただし、銀行振込で出金すると手数料が200円かかります。

この手数料はもったいないのですが、高配当株へ投資すれば、いずれ回収できることから、手数料200円については目をつぶることにしました。

それでは、メルペイ残高を出金する4つのステップについて説明していきます。

時間は5分くらいで終わる作業ですよ。

ちなみに、1株(数百円~)から始められるネオモバイル証券については気になる方は、ネオモバで1株から高配当株への投資を始める【つもり貯金と相性抜群】で詳しく説明しているのでご覧ください。

Step1:振込先口座の指定

メルカリのアプリを開き、一番下のメニューの「メルペイ」をタップし、画面を下にスクロールします。

メルペイ振込申請01

「振込申請」をタップします。

メルペイ振込申請02

メルペイ残高を振り込みたい、銀行の情報を入力します。

メルペイ振込申請03

Step2:本人情報の登録

「住所氏名」に記載されている自分の名前をタップすると、「本人情報の登録」という画面になるので、登録されている情報に間違いがないか確認します。

なお、「現住所」については、特に何も設定しなくても先に進むことができます。

メルペイ振込申請04

本人情報の確認が終わったら、画面左上の「<」で前の画面に戻ります。

そして、「次へ」の赤いボタンをタップします。

メルペイ振込申請05

登録した振込先についての確認画面が表示されるので、「はい」をタップします。

メルペイ振込申請06

Step3:振込申請金額の入力

銀行に振り込みたい金額を「振込申請金額」に入力します。

なお、この金額は振込手数料200円を含んだ金額で入力してください。

メルペイ振込申請07

「振込申請金額」 を入力すると、自動で振込手数料200円を引いた額が、「振込金額」に表示されます。

メルペイ振込申請08

「振込日を確認」のリンクをタップすると、振込スケジュールが表示されます。

自分の銀行のスケジュールを確認して、「閉じる」をタップします。

メルペイ振込申請09

「振込申請金額を入力」画面に戻るので、金額に問題なければ「確認する」ボタンをタップします。

すると、振込手数料についての確認があるので、「はい」をタップします。

メルペイ振込申請10

Step4:振込申請確認

「振込申請確認」画面にて、最終的な申請の確認画面が表示されるので、内容に問題がないかを確認し、画面一番下の「振込申請をする」ボタンをタップします。

メルペイ振込申請12

「振込申請しました」画面が表示されます。

入金予定日が表示されるので、日付を確認し「入金日を確認しました」ボタンをタップします。

メルペイ振込申請13

以上で振込申請は終了です。

お疲れ様でした!

まとめ:メルペイ残高を有効活用しよう!

本記事では、メルペイ残高を銀行振込で出金する手順を解説しました。

振込手数料が200円かかりますが、完全に使い道自由のキャッシュが得られるので、ぜひ有効活用しましょう!

なんとなくコンビニでメルペイを使ってしまうぐらいなら、出金して数百円から投資できる株式投資を始めてみるのも一つの方法ですよ。

>> 1株から始められるネオモバイル証券を使ってみる

それでは、また!

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です