仮想通貨

【ガチホ】NEMに投資してます【仮想通貨】

NEM

どうも、仮想通貨(暗号資産)のNEMに投資し始めて1年半のまーすけです。

経済的自由を目指すための足がかりとして、NEMに投資しています。ですが、結論から言うと、現時点(2019年7月)で含み損です。

僕はいわゆる出川組です。出川組とは、2017年12月に出川哲朗が仮想通貨のCMに出て、その近辺で仮想通貨に参入した人たちのことです。

初めてNEMを買ったのは2018年1月で、コインチェックでのNEM流出事件があった直後だったと思います。

当時は、取引所のセキュリティの問題で、NEM自体には特に問題がないと考え、価格が再び上昇するのでは?という期待から参入しました。

それでは、まーすけのNEM投資状況について見ていきます。

仮想通貨NEMへの投資状況

現時点(2019年7月24日)での損益は次のとおりです。

保有数:113,100 XEM
XEM/JPY:6.8019円(時価)

評価損益:-356,518円

なぜNEMに投資しているのか

大きくは2つの理由からです。

順番に見ていきます。

その1:億り人への可能性

億り人

NEMは大化けの可能性を秘めており、億り人になれる可能性があると考えているからです。

現状では価格が安く(1XEMが7円付近)、大量のNEMを保有しやすいので(1万XEMで7万円ほど)、仮に1XEMが200円(バブル時のピーク付近)まで上がれば約30倍の値上がりで、7万円の資金が200万円ほどに増える計算です。

その2:ハーベストによる不労所得

収穫

もう一つの理由は、ハーベストによる不労所得です。

設定さえしておけば、パソコンの電源を切っていてもNEMを得ることができます。

ただ、価格が低迷している現状では、正直言って効率はよくないです。

今後の出口戦略

投資はやはり出口戦略が大事です。

本当は参入時点でしっかり考えておくべきですが、まだ考えがまとまっていない部分もありますが、現時点での出口戦略は次のとおりです。

①価格が上がった場合

1番難しいところです。

価格のピークはリアルタイムでは分からないので、分散的に売却して平均売却単価を上げるしかないと思っています。

まだ戦略が固まりきっていないので、引き続き考えていきます。

②価格が動かない場合(10円近辺)

2022年7月の段階で、再度出口戦略を見直します。

正直、3年後もほとんど価格が動いていない場合、今後の見通しも暗い気がするので、すべて売却して他の投資対象に移った方が賢明かもしれません。

③価格が下がった場合

2022年7月時点で5円以下の場合は、NEMの今後の見通しは暗いと判断し、すべて売却します。

また、時期に関わらず、1円以下になった場合も今後の見通しは暗いと判断し、すべて売却します。

まとめ

将来的な経済的自由には、現時点では遠ざかっているような状況ですが、今後も定期的に投資状況をモニタリングして報告していきます。

それでは、また!

(2019/10/08:追記)
NEM投資のまとめページを作りましたので、よろしければご覧ください。

こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です